イーグル製菓の割れチョコ「チョコミント/贅沢レモン」








こんにちは!チョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

割れチョコというと、テンパリング、冷却後の板チョコをモールド(型)から外す際にうっかり割れてしまったものなどお得な価格で売られるを想像するかもしれません。

ところが、株式会社鈴木栄光堂のグループ会社であるイーグル製菓の『ひとりじめスイーツ』は違います。
大きなアルミの天板の上に流し込んだあとに、わざわざ手作業で割ってます。
なぜそこまでするのか?
イーグル製菓が割れチョコの製造・販売を専門とするチョコレートメーカーだからです。

初めから割れチョコを作るのが目的で配合を決めて製造。
そこが、身近な割れチョコと異なるところでしょうか。

そんなイーグル製菓から春夏の新作が2種類登場しました。
「ひとりじめスイーツ マーブリングチョコレート チョコミント」
「ひとりじめスイーツ シトラスチョコレート 贅沢レモン」

発売日:2019年3月1日

チョコミント


夏のチョコレートでチョコミントは外せません。
ミント風味のチョコレートにチョコチップを合わせてマーブル状に仕上げてます。

清涼感たっぷりのミントの風味が全開に!
溶かし進めるとビターチョコレートの苦味が合わさり、深みが出てきます。(ここで少しミントが落ち着きます)
最後のほうで、ビターチョコレートの影響で落ち着いたミント感が一気にまたスースーと鼻腔を駆け抜けます。

胃の中が少しクール化された気がします 笑
冷蔵庫で冷やすとより美味しくいただけてオススメです。
チョコミントファンは注目!

贅沢レモン

瀬戸内レモンの爽やかな酸味と苦味を味わえる本格的なレモン風味のチョコレートとのこと。
レモンの苦味ということは、果肉だけでなく皮ごとパウダー化したのもを使用しているのでしょう。

赤いのは、フランボワーズのドライチップ。
さらにバニラクッキーも入ってます。

各々の素材が複雑な味にするのかと思いきや、全体が調和して綺麗にまとまっています。

甘さがあるのにスッキリした後味のホワイトチョコレートです。

まずは、バニラクッキーの香りがふわっと感じたら、数秒後にレモンの個性が押し寄せます。
丸みを帯びた瀬戸内レモンの香り、そして酸味も甘みに繋がって流れるように広がります。
フランボワーズのドライチップが弾けると凝縮された甘酸っぱさがアクセントに。

カスタマイズ版として”ヨーグルト風味”にしても美味しそうだと思いました。

まとめ

チョコミントも贅沢レモンもチョコレートも消費が伸び悩む夏の時期でも美味しくいただけるよう、甘さがしっかりしているのに後味がスッキリしてます。スーパーやドラッグストアで見かけたらGETしましょう。



商品名 ひとりじめスイーツ マーブリングチョコレート チョコミント
ひとりじめスイーツ シトラスチョコレート 贅沢レモン
メーカー イーグル製菓
内容量 60g






Chocolat du Cima
タブレット宮崎マンゴー

宮崎県産の完熟マンゴーを乾燥させ、太秋柿と共にチョコレートと合わせたタブレットです.