リンツのエクセレンスに「ハイカカオミルクチョコレート」3種新登場

こんにちは!チョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

「リンツ」最高峰のタブレットチョコレート「エクセレンス」シリーズに新ラインナップが加わります。今回はなんとハイカカオミルクチョコレートが3種。

発売日:2020年9月1日

「エクセレンス 45%カカオ」
「エクセレンス 55%カカオ」
「エクセレンス65%カカオ」

<”MORE CACAO,LESS SUGER”>
カカオの魅力を最大限に引き出された、甘さ控えめのハイカカオミルクチョコレートです。ミルクのクリーミー感や風味は残しつつも、しっかりとカカオ感を楽しめる仕上がりとのこと。




ダークチョコレートが苦手な方もチャレンジしてみよう

タブレットの色の濃さで違いが明白です。

3種類をそれぞれ比較するもの楽しめますし、まずは自分自身で気になるのを1枚購入して好みを探っていくのも良いと思います。

ダークチョコレートが苦手な方はまずは45%から試してみましょう。一般的なミルクチョコレートのカカオ分は30%なので、3種類の中で最も低い45%でも十分にハイカカオの魅力を実感できます。

食べ比べてみた

エクセレンス45%カカオ
甘味とカカオの苦味が何度も交互に現れながら、最終的にはクリーミーなミルクで落ち着きます。

エクセレンス55%カカオ
甘味と苦味に一体感があります。個人的にタブレットとしてのバランスが最も良かったのがこちら。

エクセレンス65%カカオ
カカオの苦味がどっしりしながらも、ミルクの甘味がふんわり包み込んでくれます。65%になると味や香りの違いだけでなく、食感にも変化が感じられます。リンツの魅力であるなめらかな口どけは残しつつも、重厚感ある粘性が特徴です。

「リンツ」は既に世界中で一般的になったダークチョコレートのカカオパーセンテージの表記を先駆けて行ったメーカー。そこがハイカカオミルクチョコレートのパーセンテージ違いを打ち出したことによって、こちらも将来的には一般化するのか注目しています。

created by Rinker
Lindt(リンツ)
¥572 (2020/09/20 16:42:14時点 Amazon調べ-詳細)
ブランド名 Lindt(リンツ)
公式ページ https://www.lindt.jp/
商品名 エクセレンス ハイカカオミルクチョコレート 45%/55%/65% カカオ
価格 572円(税込)
内容量 100g