イースターとは?今年はいつ?何をするの?詳しく解説します



ジャンポールエヴァンイースター2015

こんにちは!チョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

春の注目イベントいえば「イースター」。

イースターエッグと呼ばれる卵型チョコレートや、イースターバニーと呼ばれるウサギ型のチョコレートをディスプレイされるお店も増えてきました。日本でも年を重ねるごとに少しづつ認知されてきてます。将来的にはハロウィン、クリスマス、バレンタインに匹敵する盛り上がりになるかもしれません。

さて、今回はイースターって何?そして具体的に何をして楽しむのか?チョコレートにまつわる話をちょこっとしていきます。

イースターとは?

イースターは、処刑されたイエス・キリストが復活することを祝う記念日です。別名「復活祭」とも呼ばれています。

日本ではハロウィンと同様に本来の意味よりもイベントごととして街が盛り上がりますが、キリスト教ではイエス・キリストの誕生日であるクリスマスよりも重要視されています。




イースターいつ?

アンリ・ルルーのチョコレート一般的な記念日とは異なり、イースターはこの日とは決まってません。復活祭日は”春分の日の後の最初の満月の日曜日”とされ、年によって変わります。

2021年:4月4日
2022年:4月17日
2023年:4月9日

イースターを楽しむ国の大半が、復活祭当日だけでなく期間の前後1ヶ月はお祭り状態となります。

イースターは何をするの?

アンリ・ルルーのチョコレートところでイースターは何をして楽しむのか?ご存知でしょうか。「繁栄と豊穣」の象徴である多産を意味する卵、うさぎ、魚、エビなどの商品が売られるくらいの認識の方も多いかと。

そこでイースターの代表的な楽しみ方をご紹介します。

イースターエッグ作り

イースターエッグ作りと言っても流石に、テンパリングしたチョコレートで卵の型を作って中にお菓子を詰め込むのは一般人には不可能です。笑

卵のカプセルの中に好きなお菓子を詰めて、色を塗ったりする簡易的なもので大丈夫です。お菓子メーカーもこぞってイースターエッグ制作キットを販売されます。それを元にして作れば確実です。

エッグハント

卵を飾り付けしたイースターエッグや、お菓子やおもちゃを入れたケースを公園や庭や部屋に隠して、それを探し出すゲームです。家族や友人同士で盛り上がりそう。

エッグレース

スプーンの上に卵を乗せて、落とさずに速くゴールまで駆け抜けたら勝ちというゲームです。どなたが考案したのか知りませんが、復活のシンボルである卵を落とすのは縁起が悪そう。ハラハラ&ドキドキなゲームです。

日本でイースターブームの火付け役

最後にチョコレートの話題をちょこっと絡めていきます。

2015年以前の日本のイースターは、海外の有名パティスリー、ショコラトリーがイースターエッグを販売する程度の盛り上がりでした。しかし、近年ではイースター関連商品を作る日本ブランドのお店が増えてきてます。そのブームの火付け役となったのは一体どこなのか?

ヴァローナ社です。


2016年、2017年、2018年、2019年のイースターの時期に、フランスのヴァローナ社主催の「ショコラdeイースター」というイベントがありました。(2020年以降は新型コロナウィルスの影響で開催しなくなった)

ヴァローナがチョコレートを卸している影響力がある有名パティシエが集結。イースターにまつわるチョコレートのアートを作ってもらい、それを展示するイベントです。お互いの作品が展示されて同業者、メディア関係者、お客さんから比較されるわけで、パティシエはみんな本気で作るわけです。

このイベントがあった2016年からチョコレートにあまり力を入れてないパティスリーでもイースター関連商品がお店に並ぶようになりました。

おわりに

チョコレイ島のモアイちなみにモアイ像で有名なイースター島は、イースターの日に発見されたから島名になりました。

では良きイースターライフを〜




Chocolat du Cima

チョコレート好きが高じて始めたチョコレートブランドです。私が思う理想のチョコレートを追求し、具現化していきます。