「ファインカカオカレー」食べてみました



こんにちは!チョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

「チョコレートカレー」「カカオカレー」なるものを食べたことありますか?チョコレートは、隠し味として使われることがありますが、あえて隠さないところがポイントです。

今回はこだわりのレトルトカレーをご紹介しましょう。



ファインカカオカレー

京都の複合型商業施設「GOOD NATURE STATION」の健康志向の食品ブランド「SIZEN TO OZEN」のファインカカオカレーシリーズです。カカオ豆は、同じく「GOOD NATURE STATION」内あるパティスリー&ショコラトリー「RAU」が扱うコスタリカ産カカオ豆を使用しています。

今回ご紹介するのは3種類は「ピスタチオ&瀬戸内レモンのマッサマンカレー」「ごろっとチキン&トマトのカカオカレー」「ポルチーニ茸&とろとろ茄子のカカオカレー」です。ネーミングから、素材の巧みな組み合わせが期待できます。

化学調味料、添加物不使用

1箱あたり約700円です。レトルトにしては高価格帯ですが、その理由はパッケージの裏側にあります。化学調味料や添加物不使用なのは嬉しい。

全ラインナップの共通点は、しっかり煮込んで野菜の旨味を生かしているところ。

ポルチーニ茸&とろとろ茄子のカカオカレー

小麦粉不使用なので、さらっとした舌触り。

スパイスは辛さがしっかりくるタイプではなく、香りがあるタイプ。紛れもなく本格スパイスカレーです。野菜の甘みや旨味の中に、ほのかに苦味があります。そう、これがカカオです。肉眼でハッキリと黒い粒々も分かりますね。

弾力があり、濃厚な香りのポルチーニはカレーの中にいても存在感あります。

 

ごろっとチキン&トマトのカカオカレー

トマトベースで具材がチキンというのは、スパイスカレーの定番。

 

ピスタチオ&瀬戸内レモンのマッサマンカレー

しっかりしたコクがあり、ピスタチオ溶け込んだことによりクリーミーな美味しさ。スパイスが香りながらも後味が瀬戸内レモンでスッキリしまる。これ一番好き。

 

3種類ともカカオがほんのり感じられます。自宅にいながらレストラン並のおいしさのカレーが味わえます。

チョコレートカレーならピエールマルコリーニもオススメ

個人的にチョコレートカレーで美味しかったのはピエールマルコリーニ銀座本店限定のチョコレートカレー。ベネズエラ チュアオを使ったこだわりのカレーは一度は食べておくべきです。

銀座まで遠くていけない、コロナ禍で外食は控えているという方は、ファインカカオカレーをお取り寄せしましょう。

余談ですが

「ファインカカオ」「ファインチョコレート」と聞くと「チョコレート・バイブル」の書籍を想起します。今となっては古い知識もありますが、自分にとっての最高のチョコレートや、ビーントゥバーの楽しみ方を知りたい方にはバイブル本になります。

created by Rinker
¥716 (2021/06/20 16:40:01時点 Amazon調べ-詳細)




Chocolat du Cima

チョコレート好きが高じて始めたチョコレートブランドです。私が思う理想のチョコレートを追求し、具現化していきます。