長谷川稔の幻のマンゴー 時の雫を使ったガトーショコラをお取り寄せ




こんにちは!チョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

東京・広尾の予約困難なレストラン「長谷川稔」シェフが手がけたこだわりのガトーショコラ。クラウドファンディングのMakuakeで販売されていたものです。宮崎県産の超熟成マンゴー”時の雫”を贅沢に使ってます。

ラインナップにはビターチョコレートを使った「黒のガトーショコラ」と、ホワイトチョコレートを使った「白のガトーショコラ」の2種類あります。



黒のガトーショコラ

形はテリーヌショコラなのですが、薄力粉を使っています。故に名称はガトーショコラとなります。

幻の超熟マンゴー「時の雫」

宮崎のマンゴー「時の雫」の農園はコロナ禍で海外輸出の停止、生産者が大病を患い経営破綻しました。そこで、時の雫のマンゴーを愛した長谷川氏が農園ごと買い取ったのです。

ペーストになったマンゴーがガトーショコラのくぼみにたっぷりと。時の雫のマンゴーは糖度20度超え。贅沢に使えるのは長谷川稔グループの自社農園となったからこそ。

食べ方

包丁で1cm〜1.5cmほどの厚みでカットしていただきます。

解凍・開封してから賞味期限は7日間。1日で食べ切ることはオススメしないとのこと。2日目、3日目と日を跨ぐごとに、マンゴーのペーストが生地と馴染んでいきます。7日後にはしっとり&ねっとりとした食感、さらに濃厚な味わいへと変化します。

「甘美」と「妖艶さ」

ガトーショコラはカカオのコクや深みの中に、ふわっと香る洋酒のフルーティーな爽やかさ。口の中で溶かし込んでいくにつれて優雅なおいしさが広がります。次に食感。一般的なガトーショコラよりも薄力粉の割合が少なめなので、なめらかさとリッチな味わいがあります。

醍醐味はガトーショコラに絡みつく、マンゴーの魅惑的な甘味や香り。今まで味わったことがない体験でした。




Chocolat du Cima

チョコレートくんのチョコレートブランド「Chocolat du Cima」

お届けするのは嗜好品のチョコレート。高貴な味わい、芳醇な香り、余韻の持続を追求。