チロルチョコ〈伊藤久右衛門ほうじ茶パフェ〉



こんにちは!チョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

チロルチョコ〈伊藤久右衛門ほうじ茶パフェ〉

「チロルチョコ〈伊藤久右衛門ほうじ茶パフェ〉」が全国のセブン-イレブンで発売されました。京都宇治・祇園の「伊藤久右衛門」店舗でしか味わえない限定茶房メニュー「ほうじ茶パフェ」をチロルチョコで再現。

今回のコラボは第二弾となります。コラボ第1弾は「チロルチョコ〈伊藤久右衛門いちご抹茶パフェ〉」でした(2021年3月に発売)。

セブンレイブンで限定販売なのは、以前に伊藤久右衛門監修の抹茶テリーヌショコラを販売した繋がりがあったからなのかも。

伊藤久右衛門(いとうきゅうえもん)とは?

伊藤久右衛門「ほうじ茶パフェ」

伊藤久右衛門(いとうきゅうえもん)は京都府宇治市に本店を構える老舗茶屋。天保3年(1832年)に田原村・名村(現宇治田原南)で創業しました。



パッケージには美味しそうなほうじ茶パフェの写真。開封すると深みがあるほうじ茶の色合い。

鼻を近づけるとチョコレートの甘い香りと、ほうじ茶パフェの香ばしさが共存します。

パフェを食べているかのような1粒

まず外側のほうじ茶チョコレート。茶葉をしっかり炒ったシーンが浮かぶ、香ばしく深みがある味わい。カカオと合わさることで良い持ち味が広がります。モチなだけに。

チョコレートと中の具材を繋ぐのに生クリームは欠かせない。こちらのチロルにはまろやなミルククリームがたっぷり入ってます。

ザクザクのフィアンティーヌと、モチグミの弾力を当時に楽しめるもの魅力。対極に位置する食感同士の組み合わせはクセになります。モチグミを小さく丸く加工して忍ばせるとは仕事が細かい。パフェの白玉を表現してのことだろう。

まるで一粒でパフェを食べているような感覚。ほうじ茶好きよ、お試しあれ。

created by Rinker
京都 宇治茶 伊藤久右衛門
¥4,200 (2021/09/16 21:28:52時点 Amazon調べ-詳細)
商品名 チロルチョコ〈伊藤久右衛門ほうじ茶パフェ〉
メーカー チロルチョコ
価格 45円(税込)
内容量 1個
カロリー 56kcal(カロリー)
購入先 セブンイレブン




Chocolat du Cima

チョコレートくんのチョコレートブランド「Chocolat du Cima」

お届けするのは嗜好品のチョコレート。高貴な味わい、芳醇な香り、余韻の持続を追求。