チョコレートとコーヒーのペアリング「ブラックサンダー」と「インドネシア ラジャガヨ」



こんにちは!チョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

今回はチョコレートとコーヒーのペアリングについて考えてみました。

日常でよく食べる馴染み深いチョコ菓子といえば、ブラックサンダー。ちょうど手元にユーラクさんから頂いたチョコ感200%(最近発売されてもの)があったので、こちらとコーヒーを合わせていきます。

コーヒーはインドネシアのラジャガヨという豆です。

精製方法:スマトラ式ウェットハル
標高:1,100〜1,200m

今回はハンドドリップで2種類抽出しました。

左の粉が多い方は濃厚に抽出してカフェオレ。右の方は通常のホットコーヒーとして。・

コーヒーはキレがある苦味が特徴。カフェオレは牛乳のまろやかさの中にどっしりとしたウッディーな香りがあります。

ブラックサンダーをザクザク半分くらい噛み終わったタイミングでコーヒーを流し込みます。

ブラックサンダーをそのまま食べるとほろ苦い感じなのですが、コーヒーが合わさることで、甘みの部分が強調されます。コーヒー自体も甘くなった。なんじゃこりゃ。

先ほどはブラックサンダーとコーヒーのお互いの味の変化が楽しめました。

カフェオレの場合は、2つをペアリングすることで味わいに一体感が生まれました。コーヒー味のブラックサンダーを食べているかのような。深みやコクが増して、リッチな美味しさです。

カフェオレの勝ち(あくまで僕の意見)。

 



「Chocolat du Cima」商品ラインナップ

チョコレートくんのチョコレートブランド。
公式ページ:https://chocolatducima.com/