グランドカステラの「ダブルチョコカステラ」製造工程を見学

blank
こんにちは!チョコレートくん(@chocokuncom)です。

GRAND CASTELLA(グランドカステラ)は台湾の淡水に本店を置き、世界8ヵ国に進出している台湾カステラの元祖。日本には2021年に上陸しました。現在はスカイツリーがあるソラマチと横浜高島屋に店舗を構えます。

blank

今回はスペシャルメニュー「ダブルチョコカステラ」の製造工程を見学させていただきました。グランドカステラは定番商品の他、頻繁に期間限定商品が登場します。つい最近までチョコミントも販売されてました。

ダブルチョコカステラの製造工程

blank

製造は基本的に手作業で行われます。チョコレートを湯煎で溶かしてから、食材を合わせていきます。

blank

卵黄を投入。

blank

一度に作る量が多いので、乳化するのに時間がかかります。それだけ手間を惜しまないこだわり。しっかり乳化させることで、グランドカステラのきめ細かな口どけが実現します。味の決め手をなるとても大事な工程。

blank

乳化が完了するとツヤツヤもったりします。

blank

卵白は別にしてメレンゲを作ります。

blank

チョコレート生地とメレンゲを合わせていきます。これで生地作りが完成です。次に焼き型に流し込みます。

blank

チョコレート生地は一度に全て型に流し込みません。チョコシートを並べるからです。全て並べ終えたら、さらにチョコ生地を流し込みます。

blank

仕上げにチョコチップを散りばめます。

blank

オーブンで約30分ほど焼きます。

blank

完成です。メレンゲ効果でかなりふっくらしますね。

blank

定規で測りながら丁寧に切り分けていきます。

実食

blank

口の中でふわふわ、プルンプルン、しっとりしながら優しく溶けていきます。見た目はシンプルなスイーツでありながら、この食感を実現するために、乳化や素材の絶妙な合わせ方など製造のこだわりがありました。

生地自体は甘さが控えめ、その分素材のチョコレート感をしっかり楽しめます。優しく香るチョコをベースに、センターのチョコシートやチョコチップのアクセント。味わっていくと時間とともにチョコ感が強くなっていく。口の中で溶けることで時間差で味わいが広がるのがチョコレートの魅力。その魅力を最大限活かしたスイーツと言えるでしょう。

blank

チョコ好きも台湾カステラ好きもぜひお店へ!

ダブルチョコカステラ製造シーン動画バージョン

店名 GRAND  CASTELLA(グランドカステラ)
商品名 ダブルチョコカステラ
価格 1296円(税込)
記事が気に入ったらシェアお願いします!

チョコレート専門店「Chocolat du Cima」

blank

Chocolat du Cimaは私のチョコレート好きが高じて立ち上げたブランドです。オリジナル製品の他、選りすぐりのチョコレートのセレクト販売もしております。ぜひ一度味わってみてください。