AMANO(アマノ)「ドス・リオス ダークチョコレート」



アメリカ、ユタ州のビーントゥバーメーカー
「アマノ アルチザンチョコレート」のドミニカ共和国「ドス・リオス70%」をご紹介します。

日本で購入すると1枚2700円。なかなか良いお値段ですがその価値があると感じて購入しました。

今回日本に入ってきたアマノのラインナップは3種類。同じくドミニカ共和国のカカオ豆のみを使った「マコリス70%」、もう一つはベネズエラで有名な「オクマーレ」。3種類をテイスティングで比較したら、このドス・リオスに今まで出会ったことがないタイプのフレーバーを感じました。

カカオにはまだまだ可能性があるからこそ、そこから得られる体験を大切にします。口に含んだ瞬間、ダマスクローズの香りをはっきり広がる。スタッフの方に「これは、バラが入っているのですか?」と聞いてしまうくらいハッキリと。もちろん答えはNO。

原材料は、カカオ豆、砂糖、カカオバター、そしてバニラビーンズ。個人的には、ビーントゥバーのタブレットにバニラを使うのは否定派ですが、こちらは味わってみても特にストレスを感じさせない。何事もバランスが大切ということですね。

口に含むとローズやスミレの花の香り。そして、オレンジの爽やかな果実感。カカオで表現できるフレーバーは無限大です。豆のローストは浅いのだろうか?フレーバーを味と香りで分けて考えた場合、香りは違えど、味わいはPACARIのRAWチョコレートに近いものを感じました。

ややオイリーでなめらかな口どけ。スッキリとしたココア感に、クローヴのようなスパイス感。とても綺麗な後味で終わります。

ARTISAN CHOCOLATE、素晴らしい職人技です。



ブランド名 AMANO(アマノ)
公式ページ http://amanochocolate.com
商品名 ドス・リオス70%
価格 2700円
内容量 85g
購入先




Chocolat du Cima

チョコレートくんのチョコレートブランド「Chocolat du Cima」

お届けするのは嗜好品のチョコレート。高貴な味わい、芳醇な香り、余韻の持続を追求。