「フィリップ・ベル」のショコラはずっと記憶に残り続ける美味しさ



フィリップ・ベルのチョコレート
こんにちは、チョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

PHILIPPE BEL/フィリップ・ベルとは?

「PHILIPPE BEL/フィリップ・ベル」は2006年にフランス・リヨンのモンブルゾンにオープンしたお店です。フィリップ・ベル氏は「カカオバリー」「ルノートル」「ヴェイス」といった有名店で腕を磨き、2004年にM.O.F.を取得した実力派ショコラティエ。

ボンボンショコラアソート

フィリップ・ベルのチョコレート上品さもありつつ、リボンが可愛らしいバロタンです。ショコラ10粒とアマンドショコラ1粒が入ってます。

フィリップ・ベルのチョコレート

ミエル
フランスのハチミツ、タイムのハチミツ風味のガナッシュ。ハーブの香りや苦みのあるいかにもザ・フランスと言うべき野性的なハチミツ。余韻も長時間口の中に↑↑↑

コーヒー
しっかり深めのコーヒーの苦味や酸味が心地よくほっと心が休まる1粒。

シトロン・ベール・バジリック
レモンのパワフルな酸味が全体の味のベースとなり、後からバジルの上品な香りが追いかけてきて優しく包み込む。アソートの中で最も個性的な一粒。

ノワゼットプラリネ
ヘーゼルナッツのプラリネ。センターにヘーゼルナッツまるごと1粒入。香ばしい香りとダークチョコレートの深みの相まりが素晴らしい!

ミント
ミントとグリーンペッパー風味のガナッシュ。まるで葉そのものを齧ったかのような爽快感!

ギモーヴショコラ

個人的にフィリップ・ベルと言えばで最も想起するのは大きくカットしたマシュマロにチョコレートを薄らコーティングしたギモーヴショコラです。マシュマロにチョコレートをコーティングするシンプルなお菓子でありながら、他ブランドを探してもこの絶妙な美味しさの代替えはないのです。

外はパリッとなめらかに、中はふわふわシュワ〜と溶けてゆきます。優しくもメリハリがきいた甘味に溶け込むチョコレートのおいしさ。止まらなくなる。食べ過ぎ注意!

シンプルながら、ずっと記憶に残り続けるショコラでした。




ブランド名 PHILIPPE BEL/フィリップ・ベル
公式ページ http://www.chocolatphilippebel.fr




Chocolat du Cima

チョコレートくんのチョコレートブランド「Chocolat du Cima」

お届けするのは嗜好品のチョコレート。高貴な味わい、芳醇な香り、余韻の持続を追求。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA