広島空港内の「foo CHOCOLATERS」のチョコレート工場を見学しました








こんにちは!チョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

広島空港3Fにチョコレートファクトリーを構える
「foo CHOCOLATERS/フーチョコレーターズ」

こちらは広島 尾道市のウシオショコラトルから派生したチョコレートブランドです。ウシオショコラトルのオーナーが菜食主義者ということで、タブレットからスイーツに到るまでお店の商品は全てヴィーガン対応。そこで、タブレットの原材料には、ミルクの代用としてカシューナッツを使用しています。

こちらのファクトリー兼店舗は、ガラス張りになっていて、1周グルッと周りながらカカオ豆からチョコレートが作られる工房の様子を見学できます。

早速、私も見学させていただきました。

まずは、PROBAT社の大型ロースターが出迎えてくれます。
これで、カカオ豆をローストします。

ロースト後のカカオ豆は、こちらのウィノワーでカカオニブとカカオハスク(殻)に選別します。

最近は、ビーントゥバーの専門店で搾油機を導入するお店も珍しくなくなりました。
これで、カカオから自家製カカオバターを搾油して、ホワイトチョコレートが作れます。

フーチョコレーターズさんの場合は、チョコレートに合わせるカシューナッツの油分を少しだけ取り除くためにも使用されるとのことです。

大型のメランジャーは3台。
この機械の石のローラーですり潰してなめらかなチョコレートを作ります。

タブレット全3種類のラインナップに各1台ずつ割り振られます。

メランジャーの横の棚は熟成庫として、チョコレートがたくさん保管されてます。

テンパリングが完了したチョコレートが蛇口から出てきます。
こちらのマシーンもチョコレートのラインナップの数に合わせて3台設置されてました。

私以外にも、お客さん数人が工場を見学されてました。
スタッフの方々がとても丁寧に説明して下さいます。

一周周り終えると、目の前はチョコレート販売のカウンター。

PAN
カシューミルクチョコレート

NEU
ホワイトチョコレート

CHA
ほうじ茶チョコレート

素晴らしい設備環境に興奮して、チョコレート各1枚ずつ購入してしまいました。
もちろん、テイスティングさせてもらってお味に納得した上で。

イートインでスイーツも楽しめます。


私は、バスの乗り継ぎの関係でスケジュール的にが厳しく、バスの中でいただきました。
濃厚なチョコレートと優しい甘さのホワイトチョコレートのバタークリームの相性がGOOD!!

次は、ゆっくりイートインしたいです。

広島空港にお立ち寄りの際は是非3Fのフーチョコレーターズに足を運んでみて下さい。




ブランド名 foo CHOCOLATERS(フーチョコレーターズ)
公式ページ https://www.facebook.com/pg/foochocolaters/about/?ref=page_internal