kad kokoa(ガートココア)タイ・バンコクのクラフトチョコレート




こんにちは!チョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

カカオは赤道から南北22°の範囲に生育すると言われてます。近年、自国で収穫したカカオ豆を使用した東南アジア発のチョコレートブランドも増えてきて、こんなところにもカカオいるの?ってなることが多く驚きます。台湾とか、日本の小笠原とか。あと、タイとか。

今回は タイ・バンコクのクラフトチョコレート
「kad kokoa(ガートココア」をご紹介します。

ガートココアとは?

ガートココアは、元々弁護士だったご夫妻がカカオやチョコレートに魅せられ、2018年に創業したブランドです。タイの様々な地域で採れたカカオを世界に広めたいという想いを持ってチョコレートを作られています。

商品ラインナップは、「チェンマイ」「チャンタブリー」「チュムポーン」などといったカカオの産地違いを楽しめるチョコレート。そして、フルーツやコーヒーなどのタイで収穫した素材を生かしたチョコレートなどラインナップが豊富です。

シングルオリジン チェンマイ 70%

こちらガートココア始まりのきっかけとなった タイ北部「チェンマイ」で収穫されたカカオ豆のみを使用。原材料はカカオ豆ときび砂糖のみ。追油なし、乳化剤不使用。

モールド(チョコの型)デザインが美しい。タブレットショコラといえば、割るための溝があるものが一般的です。ところが近年、独自のモールドを採用されるブランドの中には、溝をあえて取り除いたものも珍しくなくなりました。

舌が触れると表面はマットな質感で、軽やかな食感です。ほのかなパウダリーや粘性を感じながら溶けていきます。

クローブやウッディーな香りの序盤から始まり、次第に黒糖を煮詰めて作ったキャラメルのような甘味、ジャックフルーツのような南国フルーツを思わせるフレーバーが広がります。酸味の質感はマイルド。終盤の方で、鮮明にパイナップルのフレーバーが浮かんで思わず笑みがこぼれました。




辛スパイスのアマンドショコラ

ガートココアでは、原材料のクーベルチュールを提供して様々なお店とコラボしています。その一つが福岡にある完全予約制のデザートバー「日と常」です。

辛スパイスアマンドショコラは、アメリカ産の有機アーモンド、辛エジプト塩、チェンマイ産カカオ70%のチョコレートを使用。

序盤で一瞬チョコレートの味わいを感じたら、アーモンドの香ばしさとともに、やみつきになる辛みに包まれます。ビールとペアリングしても最高でした。とまらなくなります。

ガートココアどこで買える?

ガートココアのチョコレートはオンラインショップと、渋谷スクランブルスクエアの「チョコガカリ」で購入できます。

ブランド名 kad kokoa(ガートココア)
公式ページ https://kadkokoa-jp.stores.jp/



「Chocolat du Cima」商品ラインナップ

チョコレートくんのチョコレートブランド。
公式ページ:https://chocolatducima.com/