マザーハウスのチョコブランド『LITTLE MOTHERHOUSE』が銀座にオープン



こんにちは!チョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

「マザーハウス」の食ブランド『LITTLE MOTHERHOUSE(リトルマザーハウス)』がチョコレート工房併設のショップを銀座にオープンしました。今後、板チョコレートなどの製品を銀座の工房で製造するそうです。



2色のグラデーションのチョコレート

まず店内に入ると美しいグラデーションが出迎えてくれます。こちら全てチョコレートなのです。凄いでしょ。

リトルマザーハウスの人気商品「イロドリチョコレート」シリーズです。1枚で2つの味、そして素材同士のマリアージュを楽しめます。

ストロベリー×パッションフルーツや、ピスタチオ×マンゴーなど。視覚の美しさだけでなく、味わいの相性も計算されています。また色はすべて自然由来の素材で仕上げています。

今回の銀座の実店舗オープンの際に、ラインナップ12種類中8種類が新しい味となりました。プレゼントにしたら喜ばれること間違い無いでしょう。

フィナンシェ

旅するフィナンシェ1,998円(税込)

インドネシア産のカカオニブ、コーヒー、スリランカ産のシナモン、ココナッツなどを練り込んだ焼菓子セットです。

イートイン

ガラス張りの工房。店内から製造のシーンを楽しむことができる。

イロドリチョコレートは今のところテイクアウトのみで提供。店内のイートインでは、チョコレートと飲み物(コーヒor紅茶)のペアリングを楽しめます。イートインでしか味わえないメニュー「旅するスイーツセット」をご紹介します。

旅するスイーツセット

旅するスイーツセット ¥1,320 円(税込)

インドネシア産カカオ78%のダークチョコレート、ホワイトチョコレート、フィナンシェのセットです。

コーヒーは2種類から選べて、私はインドネシアのロングベリーを注文しました。まろやかで深みがり、バランスに優れたコーヒーです。1杯1杯ハンドドリップで淹れるのもさりげないこだわりです。

蛇口から出るチョコレート

所々に”インドネシア”というキーワードができてきますね。実は京都の「ダリケー」がマザーハウスにチョコレートの原材料カカオバターを提供して関わっています。ダリケーはインドネシアにカカオの契約農園を持ち、カカオ豆からチョコレートを作るブランドです。

イロドリチョコレートは、後ほど実食してSNSでご紹介しますね。

銀座に用事の際はお店に足を運んでみてください。

ブランド名 LITTLE MOTHERHOUSE CHOCOLATE FACTORY SHOP
公式ページ https://www.mother-house.jp/little/
営業時間 ショップ11:00-19:00/カフェ12:00-18:00
定休日 月曜日・火曜日(祝日の場合、翌平日を休業)
住所 東京都中央区銀座3-9-11 紙パルプ会館1F