ロッテ「ガーナリップル」を一度食べ出すと止まりません!







こんにちは!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

チョコレートは形状が違うだけで、味わいの印象が変わるから不思議です。
例えば、ロッテのガーナチョコレートをハート型に薄く伸ばした「ガーナリップル」。

私はガーナミルクの板チョコ1枚食べきるのに時間がかかります。
ところが、ガーナリップルはあっとうい間に空になります。
同じチョコレートなのになんだこの差は一体!?というくらい好みがドストライクです。
商品の形一つで満足度が変わるということですね。

 

24枚入ってました。
去年は1箱で63gでしたが、今年は58gに減ってます。

可愛いハート型です。
右回りでチョコレートを絞っているのでしょう。

馴染みのまったりした甘さに、植物性油脂由来の濃いコク。
形状が薄いので、何度か咀嚼していくうちに口の中であっという間に消えていきます。
食べ終わっても、チョコレートの甘さがずっと続きます。

飲み物は牛乳と合わせました。
うん、やっぱりいつまでも食べ続けてしまう、止まりません。

ちなみに「リップル」とは、英語で「さざ波」を意味します。
そこで、ガーナリップルと名づけられました。




商品名  ガーナリップル
メーカー  ロッテ
価格 163円(税込)
内容量  58g
カロリー 324kcal(カロリー)
購入先  セブンイレブン






Chocolat du Cima
タブレット宮崎マンゴー

宮崎県産の完熟マンゴーを乾燥させ、太秋柿と共にチョコレートと合わせたタブレットです.