チョコレートの正しい保存方法や保管場所は?長期間美味しく食べるには?

blank

こんにちは!チョコレートくん(@chocokuncom)です。

みなさんチョコレートの正しい保管方法は意識されてますか?買ってからそのまま部屋に放置?食べかけを銀紙にくるんで冷蔵庫に入れっぱなし?ダメダメ。

チョコレートはとても繊細な食べ物です。保管方法は悪いだけで美味しさが半減してしまいます。せっかく購入したチョコレートが劣化したり、変な臭いが付いたら嫌ですよね?

そこで今回は「チョコレートの正しい保管方法」についてレクチャーします。

チョコレートの最適な保管場所は?理想の温度は?

blankチョコレートは、単に冷やせば良いわけではありません。

チョコレートはワガママです。
種類によって、ボンボンショコラ(16℃以下)、生チョコレート(10℃以下)、タブレット(22℃以下)というように、ベストな保存温度帯が異なります。

その中で家庭で最も最適な保管場所が「冷蔵庫の野菜室」となります。
冷蔵庫内よりも、野菜室の方が若干温度が高めなのが理由です。

しっかり冷やす必要がある生チョコレート以外は、野菜室に保管しましょう。

最も気をつけるべきは板チョコの保管方法

blankその理由は板チョコの賞味期限にあります。
生クリームを使わないので、長ければ製造から2年間の賞味期限です。

長期間なので、適切な保管をしないと、”気づかないうちに”劣化が進んでしまいます。
結果、タブレットの命であるフレーバー(味・香り)や口どけが損なわれてしまう恐れがあるのです。

アルミホイルで包む

大抵のブランドがアルミホイルで包んでますので、その場合は必要ありません。
逆に、なぜチョコレートの包み紙にアルミホイルが使われるのかを考える必要があります。

チョコレートは光に弱いのです。
カカオバターの変質を防ぐ為に遮光する意味合いでアルミホイルが優れています。
(香り保存の効果も)

blank
created by Rinker
三菱アルミニウム(Mitsubishi Aluminum)
¥1,465 (2024/02/23 09:31:27時点 Amazon調べ-詳細)

ジップロックに入れる

blank空気をしっかり抜いた状態でジップを閉めるのがポイントです。

チョコレートに含まれるカカオバターは、他の食材の臭いを吸着しやすいです。
ジップロックに入れて保管することで、他の臭いをブロックしてカカオの風味を保ちます。
防湿の効果もあるので、カビやシュガーブルームを防ぎます。

ジップロックに入れる際はパッケージごと入れましょう!
ボンボンショコラのBOXもですが、急激な温度変化を防ぐ役割があります。

blank
created by Rinker
ジップロック
¥1,650 (2024/02/23 09:31:27時点 Amazon調べ-詳細)

blank
パッケージが箱ではなく紙で包んだだけの場合は、保冷袋を使いましょう。

いざ野菜室へ

blankこれで保管完了です。
チョコレートを食べる15分前に常温で戻しましょう。
冷たい状態ですと口の中に入れてからカカオのフレーバーを感じづらくなります。

食べる量が決まっている場合は、その分だけを取り出しましょう。
なるべく無駄な温度変化を起こさせないことが大切です。

では皆さん、良きチョコレートライフを〜

blank
created by Rinker
さくら製作所(Sakura Seisakusho)
¥59,473 (2024/02/23 09:31:32時点 Amazon調べ-詳細)
記事が気に入ったらシェアお願いします!

チョコレート専門店「Chocolat du Cima」

blank

Chocolat du Cimaは私のチョコレート好きが高じて立ち上げたブランドです。オリジナル製品の他、選りすぐりのチョコレートのセレクト販売もしております。ぜひ一度味わってみてください。