ホワイトチョコレートが白い理由!本当にチョコなのか?


こんにちは!チョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

今回は「ホワイトチョコレートがなぜ白いのか?」について解説します。

「ホワイトチョコレートはチョコレートじゃない!」という意見をたまに耳にしますが、なぜ白いのかを知れば、チョコレートの仲間だと認識して頂けるとか思います。

まずは「ビターチョコレート」「ミルクチョコレート」「ホワイトチョコレート」の成分の違いを確認しましょう。



ホワイトチョコレートとチョコレートの成分の違い

ビターチョコレート=カカオマス+砂糖

ミルクチョコレート=カカオマス+砂糖+全粉乳

ホワイトチョコレート=カカオバター+砂糖+全粉乳

ホワイトチョコレートは、カカオマスの代わりに「カカオバター」を用いることが大きな違いです。ところでカカオバターとは何か?どのように作られるのか?それは、下の図をご覧ください。

カカオバターはどのように出来るのか?

カカオ豆を摩擦を加えながらすり潰すとドロドロ溶け出し、やがて「カカオマス」になります。カカオ豆には約55%油分が含まれてまして、それが熱で溶け出した結果「カカオマス」に変化するのです。

「カカオバター」はカカオマスを搾油機で絞ることで抽出されます。熱を加えると、サラダ油のような見た目ですが、冷やして固めると写真のように石鹸みたいな状態になります。

ホワイトチョコレートはなぜ白い?

ココアの黒い成分が含まれていない白いカカオバターに、白い全粉乳、白い砂糖のみで作られるので、ホワイトチョコレートは白いのです。

日本では抹茶やいちごパウダーを使ったフレーバー系のホワイトチョコレートも人気ですね。元々が白いので、フレーバーの色が綺麗に乗ります。

created by Rinker
サンフードスーパーフーズ(Sunfood Superfoods)
¥3,500 (2020/06/02 22:59:57時点 Amazon調べ-詳細)

余談ですが、最近化粧品専門店や生活雑貨のお店で缶に入ったカカオバターを見かけるようになりました。手に塗ってハンドクリームの代わりに使われます。

手荒れ防止としてカカオバターを購入する場合も、製菓のお店から購入した方がコスパが断然良いです。化粧品専門店は美容という付加価値をつけて販売してますから。

関連記事一覧