安いチョコレートと高いチョコレートの違い!価格の差の秘密を解説しよう



安いチョコレートと高いチョコレートの違い

1枚1000円の板チョコと聞いたら、正直高いなぁと感じる方が大半かと思います。

なぜなら、コンビニで売ってる板チョコは1枚100円。価格差は10倍となるからです。

そこで、デパ地下や専門店で売っている高級チョコレートと市販のチョコレートの価格の差は何なのか?高級チョコレートの価格にはちゃんと理由があることをお話します。

あわよくばデパ地下や専門店のチョコレートに興味持って欲しいな。と思って記事を書きました。

製法の違い:高級チョコはハンドメイドで作っている

高級チョコレートは完全にハンドメイドで1つ1つ手間をかけて作られるお店が多いです。中には一部機械を導入して大量に生産できるシステムが整っているお店もありますが、大手メーカーには生産規模が敵いません。

逆に安価なチョコレートは機械で大量に生産します。故にコストダウンに繋がり、安価に供給可能となります。

しかし、ハンドメイドの方が、微細な部分までこだわりを出すことが可能で結果美味しさにつながります。

原材料の違い:高級チョコは原材料の質が優れている

ダンデライオンチョコレートデパ地下や専門店のチョコレートは、高級な分だけあってコンビニチョコレートよりも原材料の質が優れています。

決定的な違いは「カカオ豆」と「油脂分」の2つ。

特に「油脂分」の違いが重要です。

油脂分を加える目的は、チョコレートは口どけをなめらかにするためです。高級チョコレートはカカオ豆から直接絞った「カカオバター」を加えますが、コンビニチョコはコストを抑えるために安価な「植物性油脂」に代用されます。

カカオバターは口どけがなめらか、また、味わいも自然です。逆に植物性油脂は、口どけに違和感があるのと、後味にクセが残ります。

考え方によっては高級チョコはお得?

YumikoSAIMURA製法と原材料の違いによって、高級チョコレートは市販のコンビニチョコレートよりも上質です。その美味しさを「質」だけでなく「量=時間」にも注目してみましょう。

コンビニチョコと高級チョコの板チョコを割って、一欠片ずつ食べ比べをしてみます。コンビニチョコの方は全て溶け終わると砂糖の甘さが残ります。それに対して高級チョコレートは「カカオのおいしさの余韻が長時間続く」のです。

高級チョコレートは、長時間おいしさを楽しめることを体験できれば、実は価格を考えてもお得!!

高級チョコレートはなぜ高い?って疑問を持ってこの記事にたどり着いた方は、1枚1000円以上する板チョコを購入して食べてみましょう。高いにはそれなりの理由があるのです。

チョコレートくんがオススメする通販で買える最高のチョコレート




Chocolat du Cima

ショコラ ドゥ シマはハンドメイドで創り上げたチョコレートをお届けするブランドです。高貴な味わい、芳醇な香り、繊細な余韻までの全てを揃えたおいしさを大切にして仕上げています。チョコレートでお客様の日常を豊かにすることを目指して。