カカオをすり潰して滑らかなチョコレートを作る「メランジャー」とは?







メランジャー

こんにちは!チョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

メランジャーは、カカオ豆からチョコレートを作る際に必要な機械です。正確にいうと「口どけが良い滑らかなチョコレート」を作るために必要となります。

メランジャーがなくても、この「NEWよめっこさん」を使えばカカオニブを一瞬で粉砕できてチョコレートは作れます。しかし、出来上がるのは粒子が粗いザクザクしたチョコレートとなります。NEWよめっこさんができることは、カカオニブを切って粉砕することであって、すり潰してなめらかにすることではないのです。

ザクザクしたチョコレートもカカオの持ち味をストレートに感じられて良い面もあります。しかしながら、チョコレートの美味しさを語るにはなめらかな口どけは不可欠だと思います。

メランジャーはどのように動くのか?スイッチを入れると、石でできたローラーがぐるぐる回転し、カカオニブをすり潰してくれます。すり潰されたカカオニブの中に約55%占める油分が溶け出し、次第に滑らかなカカオマスとなります。

私は家庭用でこのプレミアのメランジャーを使ってます。メランジャーの中で、最も安く入手しやすいです。アマゾンで1台5万円くらいでしょうか。

カカオニブを投入して、約17時間で人間の舌でざらつきを感じない20μ以下のカカオマスになります。家庭では、大量には作る必要がないかもしれませんが、チョコレートの量が少ない状態で動かしてしまうと、摩擦が強くでてしまいます。

機械に負荷をかけないためにも「カカオニブと砂糖を合わせて最低でも1kg」投入しましょう。

カカオ豆から作った出来立てのチョコレートの味は格別です。


並行輸入品なので、日本で使うには100vの変換コンセントが必要となります。

レンチは、メランジャーのローラーを外す際に使います。レンチの大きさは10mmのものを購入すればぴったりです。

ローラーを通す棒にカカオの汚れが付着しやすいので、洗浄するときは必ずローラーを外しましょう。

メランジャー

ご興味ある方は、カカオ豆からチョコレート作りにチャレンジを!

カカオ豆は個人の方でも立花商店さんのサイトで購入できます。



メランジャー



Chocolat du Cima
タブレット宮崎マンゴー

宮崎県産の完熟マンゴーを乾燥させ、太秋柿と共にチョコレートと合わせたタブレットです.