アリーヌ ジェアン「パレ ド フルール」





アリーヌジェアンこんにちは!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

2009年創業フランスの
「Aline Gehan/アリーヌジェアン」

あの名門ラ・メゾン・デュ・ショコラで2年間修行を重ね、退職後に南仏プロヴァンス アヴィニヨンで自身のショップをオープンしたショコラティエールです。今回は、ビターなパレショコラの上に砂糖コーティングをしたプロヴァンスのバラとスミレの花びらをあしらったショコラをご紹介します。

パレ・ド・フルール

アリーヌジェアン思わずうっとりと見とれてしまう愛らしいショコラです。クリスタリゼされた砂糖がより花びらの美しさを強調させてくれます。商品は10個入り20個入りのBOXが販売されてますが、プレゼントするなら20個入りが絶対に良いでしょう。箱を開けた瞬間、一面に広がる花びらをより美しく感じます。

アリーヌジェアンさて、こちらの美しい花のショコラ、皆さんならどのように口へ運んで食べますか?普通なら砂糖漬けの花の部分を上にして、視覚で楽しみながら口へ運ぶプロセスをたどると思います。しかし、アリーヌ・ジェアン氏はサロンデュショコラのトークセミナーで全く逆のことをお話されていました。

「砂糖漬け花びら部分を下にして食べて下さい

まず、口に含んだ瞬間に花の香りを堪能した後、カカオの風味が時間差でやってくるという流れが楽しめるからだそうです。確かに、先にカカオの風味がやってきてしまうと繊細な花の香りが分かりづらくなりますね。カカオって味が濃いものですから。

アリーヌジェアン食欲を無くすとされるブルーカラーもこの場では美しさが勝り、不思議と意識せずパレショコラを口へ運ぶ。

クリスタリゼによるザクザクした歯ごたえ、舌の上で砂糖が溶けてすみれの優しい香りが広がり、春の訪れを感じさせます。その気分を味わいたいからサロンデュショコラで購入した商品を3月半ばに食べたわけです(笑)

アリーヌジェアン僕の好みはより繊細なすみれの方ですが、バラの花びらの方は香りに勢いがあり、逆にこちらを好む方も多いのではと思いました。ビターチョコレートが溶け終わった後でも余韻に心地よいバラの香りが残り続けます。甘い→バラの香り→ビターチョコ→再びバラの香りのような感じで1枚で風味の変化や強弱が楽しめます。

女性ショコラティエならではの美しい感性が詰まったショコラ。また来年もお会いしたいです。皆さん良きチョコレートライフを〜

ブランド名Aline Gehan/アリーヌジェアン
公式ページhttp://www.aline-gehant-chocolatier.com
商品名パレドフルール
価格 1620円(税込)
内容量10個入
購入先 サロンデュショコラ2016






アリーヌジェアン


Chocolat du Cima





チョコレートくんが代表を務めるチョコレートブランドです。
プレミアムシェフプロジェクトのシェフ達がこだわりの商品を作り、チョコレートの可能性を追究して参ります。