シェフはロジェ出身!?ショコラティエ ヤスヒロセノのチョコが秀逸







こんにちは!チョコレート探検家のチョコレートくん(@pyonkichi11011)です。

神戸・三宮のショコラトリー
Chocolatier Yasuhiro Seno KOBE/ショコラティエヤスヒロ・セノ神戸」

フランスのパトリック・ロジェの元で修行された瀬野靖大シェフが立ち上げたお店。
お店の外観やショッパー、バロタンの一部などにロジェの鮮やかなグリーンカラーが採用されています。

コンセプトは
「鮮度をこだわり抜いた上質なチョコレートを毎日に」

「ショコラは、ストックせずなるべく早めに美味しい状態で食べて欲しい」という作り手の想いは、どこのお店にもあるかと思います。しかし、ここまで消費者に徹底した教育を行っているお店は稀かと。
素晴らしいですねぇ。

それで、購入したショコラがこちらとなります。

パトリックロジェで修行されたということで、プラリネのラインナップが多種多様。そこで、ボンボンショコラ9個は全てプラリネをチョイスしました。

バロタンの底には、カカオニブ付きのタブレットが敷かれていて、そこにもロジェらしさが垣間見えます。

プラリネ ターキー

トルコ産ヘーゼルナッツを使用した自家製プラリネ。

高さも持たせながら、プラリネの粒子がシャリッと歯が食い込む。
濃厚で香り豊かなヘーゼルナッツ。
ダークチョコレート交わって味が広がれば広がるほど、深みがどっときます。

KOBE プラリネ ミルク

ヘーゼルナッツとアーモンドをブレンドした自家製プラリネ。

ダークの方にも共通して言えますが、食感や香りのバランス、全てが素晴らしい。

素材の風味がここまで生きているとは。
鮮度を大切にされるのも納得です。

一見すると、見た目は同じようなシンプルなプラリネでも、テイスティングしてみると驚く程にキャラクターが違って楽しいです。

ロシェ ミルク/ビター

キャラメリゼされたカリカリのアーモンドに、チョコレートをコーティング。
インパクトでは香ばしい香りがきます。
ここまでは通常のロシェなら当然ですね。

ところが、こちらのロシェはオレンジピール、レーズン、アプリコットと共にコーティングすることで、香ばしさを纏わせながらも中盤から爽やかな甘さに切り替わるのです。

素晴らしいショコラでした。

 ついでに「極上ブラウニー」をご紹介

高価なフランス産の発酵バター、最高級のクーベルチュールを使用し、これまでにない贅沢なブラウニーに仕上げました。
松の実、クルミ、ヘーゼルナッツをローストして加え、そしてアクセントにアプリコットとオレンジピールを混ぜ込み、
仕上げには最高級のブランデーを染み込ませました。
焼き立てだけではなくご家庭の冷蔵庫で熟成させ、味の変化をより楽しんでいただけます。
ティータイムや食後のデザート、お酒と共になど、様々なシーンでお楽しみください。

原材料にとことんこだわり抜いた自慢のブラウニーの価格は、なんと3500円(税抜)!!
かなり強気な価格設定です。

サイズは約14cm×7cmです。
食欲をそそる焼き色。

表面はさっくりしているのに、中はしっとりとガトーショコラのような食べ応えです。

上品に香るブランデーがアプリコットやオレンジにも染み込んでより大人のフルーティー感。
弾けたクルミの香りとチョコレートが合わないはずはありません。

そして、ヨーグルトのようなまろやかな熟成を感じるブラウニー生地。
ちなみに製造後冷蔵庫で1週間寝かした状態がベストな食べごろとのことです。

しっかり甘さがあるのに後残りしないのは、生地自体の甘さを控えめにして、ドライフルーツやブランデーの甘みを生かしているからなのでしょうか。

極上です!!
オンラインで配送も行っているそうなので是非お試し下さい。




ブランド名 Chocolatier Yasuhiro Seno KOBE/ショコラティエ ヤスヒロ・セノ神戸
公式ページ  https://www.yasuhiroseno-kobe.com

記事が気に入ったらSNSでシェアをお願いします


Chocolat du Cima

ショコラ ドゥ シマはハンドメイドで創り上げたチョコレートをお届けするブランドです。高貴な味わい、芳醇な香り、繊細な余韻までの全てを揃えたおいしさを大切にして仕上げています。チョコレートでお客様の日常を豊かにすることを目指して。


関連記事